HOME   >>  2012年03月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 01
2012

詩一覧

北園克衛『ヴイナスの貝殻』

北園克衛『ヴイナスの貝殻』(国文社、1955年)。最後に置かれている3つの詩は、アメリカの詩人で、北園の友人でもあったロバアト・クリイレエ(ロバート・クリーリー Robert Creeley)の作品を訳したものです。それ以外は作者によるもので、1930年から1950年にかけて書かれています。

藤富保男は、北園克衛の詩群を「実験的な作品」「リリカルな作品」「郷土詩の作品」「その他の傾向の作品」の四つに分類していますが(「北園克衛の詩を俯瞰する」〔『北園克衛全詩集』〕)、この詩集は2番目に分類されています。「宵の広小路」などは、歌謡曲として作曲されても違和感がなさそうです。

「春のガラス」には木下牧子と松下功の2人が曲をつけています。それぞれ混声合唱曲。
「a mi querida」には松下功と田中達也が作曲。後者は未見です。
また、「雨の日」は塚谷晃弘、「NIGHT IN JUNE」「ガラス」は松下功によって作曲されました。

a mi querida 
ジヤズのための三つの短詩
  雨の日
  昼休みの散歩
  宵の広小路
宝石詩抄
  ダイヤモンド
  ルビイ
  オパアル
LES CHANTS DE PLUIE
  午後
  秘密
  雨のホテル
  La Côte d'Ivoire
  NIGHT IN JUNE
  sunglasses
秋の手帖
  辻公園
  シネマ
  書店
四つの銅版画
  春のガラス
  秋
  都会の城
  ガラス
ロバアト・クリイレエの一九五四年のクリスマスカードより
  Chanson
  Sopa
  The Conspiracy
スポンサーサイト
プロフィール

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。