HOME   >>  2013年04月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 25
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド3 東大寺お水取りの声明――言葉よりも音楽が大事?

東大寺お水取りの声明
★★
東大寺お水取りの声明
東大寺お水取りの声明
東大寺一山僧侶
守屋弘斎(和上)
上司永慶(後夜・晨朝大導師)
橋本聖圓(日没大導師)
森本公誠(咒師)
北河原公敬、筒井寛昭(堂司)
平岡昇修(読経 頭一)
狹川普文、清水公庸(後夜時導師)
橋村公英(日没時導師)
上司永照(晨朝時導師)
森本公穣(読経 頭二)
稲垣観清(堂童子)

 ここに収められたのは、奈良の東大寺で演奏されたものではない。1996年8月に、東大寺の僧侶が東京公演を行った際のライブ録音である。

 本来であれば、東大寺二月堂で行われる「修二会」(しゅにえ)という法要について語るべきなのだろう。前回も前々回も、私は歌の背景や、詞の内容について語るのを意識的に避けてきた。これには2つ理由がある。まず、当ガイドの選曲基準の1つが「歌詞の意味がわからなくても楽しめるもの」ということにある。私は、音楽を鑑賞するにあたってライナーノートをあまり読まない。そんな自分が歌のバックグラウンドをもっともらしく力説すればするほど、もう1人の私がこう冷やかす気がするのだ。「意味がわからなくても楽しめるんでしょ? 何で解説してるの?」 ……うぐぐ、確かに。

 第2に、「もっともらしく」説明しようにも筆者にその能力が欠けている。語学力、音楽史、宗教の知識などだ。「もっともらしく」らしく語ることなら私にもできるし、今後も必要に応じて活用するつもりである。でも、前回のグレゴリオ聖歌にせよ、今回の修二会にせよ、他のサイトで十分に解説されているのだから、所詮付け焼き刃に過ぎない私が同じことを語る必要はないと思う。

 言い訳が見苦しいばかりなので、CDの紹介に移りたい。今回のCDの収録時間は67分近くとなっている。通して聴くのがたいへんだと敬遠される方も少なくないに違いない。ただ、今回とりあげる声明は、日本の他の声明に比べると非常にわかりやすい。「如来唄」「宝号」「五仏御名」「廻向文」のように、独唱者が何かを歌った後に、合唱がソロを真似するという手法がそこかしこに使われており、聴きどころがはっきりしている。先ほどの4つが出てくる箇所を下に示す(【】内の数字はトラック。時間は一応の目安)。

   如来唄  【1】3:18~3:58、【2】7:00~7:33、【3】1:04~1:11
   宝号   【1】22:30~26:55、【2】17:40~20:41、【3】2:39~3:22
   五仏御名 【1】28:01~28:50、【2】21:47~22:35、【3】4:01~4:11
   廻向文  【1】30:38~31:14、【2】26:55~27:21、【3】5:28~6:25


 他、「称名悔過」(【1】11:08~22:30、【2】13:35~17:40、【3】1:51~2:39)も、ソロと合唱の掛け合いを行いながら進行してゆく。

   *  *  *

 この録音で歌われる声明は、中国の僧侶である玄奘が訳した『十一面神咒心経』をもとにしている。ライナーノートに掲載されている「声明の唱句」を見て驚いたのだが、この「声明作品」の「作曲家」は、歌詞の扱いをかなり自由に行っている。もはや、乱暴と言ってもいいだろう。たとえば、先ほどの如来唄を以下に挙げよう。本来40文字ある原詞のうち、歌われているのはわずか11文字に過ぎない(太字が歌われる箇所。ついでにおことわりするが、今回は歌詞の内容にも多少踏み込む)。

  来妙色身
  間無与等
  無比不思議
  是故今敬礼
  来色無尽
  智慧亦復然
  一切法常住
  是故我帰


 「廻向文」はさらにすごい。119文字中、歌われているのは40文字。そのうち24文字が「向」(こう)という漢字だ。そのため、

  独唱「こう」 合唱「こう」、
  独唱「こう」 合唱「こう」……


の繰り返しとなってしまった。

 また、トラック2の「称名悔過」では、「南無十一面大悲」とある原詞を「一面大悲」としか歌わせていない。「作曲家」が勝手に十面減らしてしまった。「十」が歌われていない理由については引用箇所の前後を見ればわかるけれども、要するに、「作曲家」は言葉の意味内容よりも音楽のリズムを優先したのだ。詞をこのレベルまでぶったぎるということは、現代の作曲家でもなかなかできないことだ。ただただ、唖然とする。こんなことが昔にできたなんて。

 おそらく、やり始めた当初は猛反発にあったんじゃないでしょうか。「詞の意味がわからなくなる」とか、「仏への大切なお言葉を台無しにするなんて許せない!」とかね。でも、「作曲家」は意に介さなかった。言葉よりも音楽が大事なのだ。音楽が言葉に従属してはいけないのだ。言葉に気を遣うあまり、しまりのない音楽になることを何よりも恐れたのだ……こういう想像は、仏教音楽のことをまったく勉強していない筆者の脳内に留めることとしよう。

 この「作曲家」の大胆なところは他にもある。言葉を歌う速度だ。独唱がトラック1の8:02~8:57まで、つまり、およそ1分にわたって「願以此功」の4文字だけを歌う。これだけならさほど珍しくもないのだが、同じトラックの28:59からは、合唱が次の句を11秒ほどで唱えきってしまう(しかも最後の3秒ほどが最後の「三宝」という言葉を歌うのに充てられている)。暇な人は下の句を先ほどの時間内に音読していただきたい。無論、括弧内の条件も考慮に入れよう。

  衆生
  悉発菩提心 繁心常思念
  十方無量仏 復願諸衆生
  永破諸煩悩 了了見仏性
  猶如妙得等
  発願已 帰命礼三宝


 合唱団に上の句を一斉に読んでもらった時に実感できると思うのだが――そんな機会はあなたにも私にも来ないと思うのだが――言葉の聴き取りがたいへん困難になる。「作曲家」は故意にそれを目指している……としか思えない。もちろん音楽上の効果を狙ってのことである。ともあれ、「願以此功」では1文字あたり14秒ほどかかっていたのに対し、「衆生……帰命」では、1秒あたり(控えめに見積もっても)5文字。その差は70倍だ。歩く人間とF1マシンぐらいの開きがある。これだけの速度の幅をもつ歌曲や合唱曲は、現代にもそうそう見つからない。

 最後に余談。声明が男の世界だなあとあらためて思うのは、テキストの中にこういう句があるからだ。木村清孝・森本公誠による対訳も載せている。

  若但書写 是人命終 当生忉利天上
  是時八万四千天女 作衆伎楽 而来迎之
  其人即著七宝冠 於采女中 娯楽快楽

  もしただ(この経典を)書写せば、この人は命終えて、
  まさに忉利天《とうりてん》のうえに生まるべし。
  この時、八万四千の天女はもろもろの伎楽を作して、
  来たりてこれを迎えん。
  その人、すなわち七宝の冠《かんむり》を著《つ》けて、
  於采《うねめ》のなかにおいて娯楽《たのし》み快楽ばん。


 「経典を書写すれば、死後、天界でたくさんの天女に迎えられる。女官に囲まれて楽しく過ごせるんだよ」ってなあ……。真面目な祈りの中に、突然、男の欲望がむき出しに顕れるのがたまらない。噴き出してしまった自分は、きっと俗世でも死後でも女に恵まれないだろう。
スポンサーサイト
04 20
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド2 グレゴリオ聖歌――なぜ男だけで歌うのか

グレゴリオ聖歌 聖セヴェルスの典礼
ジャンニ・デ・ジェンナーロ指揮
アンサンブル・カリクスティヌス

★★★
Officium Sancti Severi (Gregoriano)
Officium Sancti Severi (Gregoriano)

 第1回「チベット仏教」で、「男声合唱は、混声合唱に比べて音域や音色が豊かではないが、それは決して欠点ではない」と書いた。そして、低い音域しか利用しない例として、もっとも極端なものを紹介した。今回は音色編である。グレゴリオ聖歌ほど、説得力がある素材はない。原則として楽器を伴わず、合唱は一つの旋律を奏でるだけである。にもかかわらず、このようなCDが何百種類も(何千も?)あり、受け容れられているのだから。特に、スペインで最初に発売されたシロス修道院合唱団のCDは、世界で500万枚、日本だけでも17万枚も売れたのだという(1)。濱田滋郎によると、スペインにおいては「あらゆるジャンルにわたる“ヒット・チャート”のトップを、この“地味な”アルバムが走りつづけ」たのだそうだ。そういえば、佐村河内守の交響曲第1番のCDがオリコン2位になったというニュースがあったけれども、くだんのグレゴリオ聖歌のCDは、なぜこんなに大流行したのかまったく分からないのだそうだ。

(1)HMV「グレゴリアン・チャント(グレゴリオ聖歌) シロス修道院合唱団」

 この回のおすすめCDの選択は本当に困難だった。ここで楽屋裏を少し語ると、「男声合唱101」選曲を本格的に始めたのは2012年3月から(本格的でないものについては2003年頃から)である。最後の曲の選曲を終えたのが今年の3月26日。そして、「よし、アンサンブル・カリクスティヌスのCDを選ぼう」となったのが今年の2月8日。つまり、選曲作業の終盤になってようやく決まったわけである。

 さて、この演奏。グレゴリオ聖歌を聴き慣れている人の方が驚くかもしれない。単旋律ではない曲が入っているからだ。全22曲のうち半分ほどがオルガヌムという手法を用いている。元々の声部に別のパートを加えたものである。

 22曲の内訳を見てみよう。下の数字は、何曲目が右で示した編成になっているかを表したものである。

  1, 4, 5, 15, 16, 21 斉唱
  2, 8, 9, 10, 14, 18, 19, 20, 22 合唱(オルガヌム)
  3, 6, 7, 11, 12, 13 独唱
  17 重唱(オルガヌム)


 斉唱、合唱、独唱、重唱。さまざまな形式の歌で構成されている。他のCDのほとんどが斉唱ばかりなので稀少価値が高い。そして、低音が実に豊かだ。自宅にあるもの、ネットで聴けるもの、たくさんのグレゴリオ聖歌に接したけれども、1枚を何回も聴き通して決して飽きなかった、数少ないCDである。この手の曲を初めて聴く人、単旋律の世界に何十年も親しんできた人、両方におすすめしたい。

 ところで、グレゴリオ聖歌といい、第1回のチベット仏教の音楽といい、なぜ、男性のみによって担われるのだろうか。本当は今回のサブタイトルでも分かるとおり、この回でじっくり語りたかった。前回のアーチボルド・デヴィソンが指摘したように、男だけで音楽をやるのは、多分に社会的理由がある。この場合の「社会的」というのには宗教的なものも含めている。なぜ、女性がいないのだろうか。男と女を分けなければならない理由とは? この問題については第4回を終えた後に扱う。


Festa di St Nichola Vescovo di Myra a Bari, Gregoriano
グレゴリオ聖歌 聖ニコラウスの聖務
ジャンニ・デ・ジェンナーロ指揮
アンサンブル・カリクスティヌス

 同じ指揮者、団体によるこのCDも捨てがたい。4曲目が特に素晴らしい。
04 13
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド1 チベット仏教

チベット密教 聲明の驚愕
ボンディラ・ギュートゥ・ゴンパ サンワ・デュパの聲明

★★★

チベット密教 聲明の驚愕
チベット密教 聲明の驚愕

 男声合唱と他の合唱の違いは何だろう。混声合唱・女声合唱・児童合唱、これら3つと男声合唱が決定的に違う点は、高音を欠くことである。女性、ないしは変声期前の児童がいない。声変わりを過ぎた男性の声のみで構成される。女声と男声両方が利用できる混声合唱に比べ、音域が制限されているのは言うまでもない。もっとも、男声合唱でもファルセットを利用することで、女声の領域をある程度カバーすることはできる。しかしながら、基本的には低音域のみで行われる。音色についても、男声合唱は混声合唱ほどの豊かさを期待できない。

 音域も音色も、混声合唱に比べ貧しい。かつて、アメリカの合唱指揮者アーチボルド・デヴィソンは、男声合唱について「芸術的だが報われない分野」だと書いた。『合唱作曲の技法』(1)という、作曲の教科書においてである。彼は若き作曲家に対し、この分野に専心することを「おすすめできない」と嘆いた(2)
(1)A.T.デヴィスン(清水脩訳)『合唱作曲の技法』カワイ出版。
(2)彼のこの言葉は女声合唱に対しても向けられている。女声合唱も、混声に比べ音域、音色が制約されているからである。


 彼はこう指摘している。男声合唱団の多くは、「音楽的理由でつくられたのでなく、社会的な理由でつくられている」と。男子校が合唱を行う場合、女性が集められないため、必然的に男声合唱しか選べないということだ。彼は、このような合唱団からの作曲界への需要が大きいことを理解していた。にもかかわらず、若手に対し、男声合唱界への積極的な参加を思いとどまらせようとしていた。なぜなのだろうか。彼は、ハーバード大学にある男声合唱団(ハーバード・グリークラブ)の指揮者を長らくつとめていた。この間にプーランクやミヨー(委嘱当時、2人はまだ20代)に男声合唱の作曲の場を与えている。訳者の清水が書いているように、「一部の社交的な集まり」に過ぎなかった団体を、「アメリカ第一流の男声合唱団」に成長させた。このような実績のある人物が、なぜ、男声合唱曲の作曲を推奨しなかったのだろう。

 彼はこう結論づけた。

   男声合唱と女声合唱に適したものはどのようなものであるかに
  ついて、私は全くといってよいほど説明してこなかった。というの
  は、私が今日までながく親しんできた経験からみて、この2種の
  合唱を有効にするには、この2つをお互いに対照させるのが最も
  よいと知ったからである。


 先の本を執筆したのは、彼がハーバード・グリークラブの指揮者を離れた後である。彼は、男声合唱や女声合唱に限界を感じていたのだ。こんなことも書いている。

  音楽家は誰でもセシリアとアポロの結合がもっと緊密になることを
  心から歓迎しているに違いない。私はそう信じている。


 彼が言いたいのはおそらくこういうことだろう。男声合唱団、女声合唱団は今後も社会的に存続することだろうね。そこに所属する君たちが男声(女声)合唱を歌いたい、曲を作ってほしいという気持ちはわかるよ。でもね、それぞれで離れて活動してばかりいないで、お互いでもっと交流をしようじゃないか! それが君たちにとってもいいことだし、音楽界にとっても嬉しいことなんだよ!

   *  *  *

 これからとりあげる曲の前に、長々と綴ってしまった。男声合唱は、混声合唱に比べて確かに音域や音色が豊かではないが、それは決して欠点ではない。他の分野に目を向けよう。俳句は、詩や短歌に比べて文字数が少なく、季語という縛りのせいで、言葉の組み合わせが短歌よりも限られている。そのことをもって、俳句は短歌よりも劣っているジャンルだ、とみんなが考えていれば、とっくに俳句の伝統は途絶えていたはずだ。詩や短歌に比べて強い制約があることはデメリットではない。むしろ創作上のメリットなのだ。俳人ではない自分が力説するのはちょっと恥ずかしいけれども。

 低い音域しか使えない? 音色が同一だって? だったら、そういうことが利点になるような曲を書けばいいではないか!

 聴き手の皆さんを置いてきぼりにしてしまい、申し訳ありませんでした。さて、今回紹介する曲は、特に「声の低さ」の点において、当ガイドの中でトップクラス、いや躊躇なくベストだと断言できる。これからあと100曲を挙げるところなのに、男声合唱のメリットといえる低音、そのナンバー1をいきなり最初に出してしまった。「このCDを聴いた後では他の男声合唱を聴いても何か物足りない」と感じる人が出てくるのではないか。いやあ困ったねえ。自分で最初に選んでおいて何を言う、という突っ込みが入りそうだけれども。上のような感想が、10人に1人といったレベルではなく、2人に1人ぐらいの割合で出てきてもおかしくない。それぐらいの録音なのだ。「長いまえがき」を読んだ人は、途中でキノコという言葉を目にしたと思う。この音楽は自分のような信仰心の薄い者をも、一瞬にしてトランス状態に連れて行く、とんでもないキノコだ。

 53分16秒。これを、トラックを分けずに収録している。当録音にはいくつかの楽器が入るけれども、使用はかなり控えめだ。全体の大部分は、重低音の連続。ヘ音記号でいえば、常に下線を引かなければならない領域だ。たまに第2間あたり(テノールにとっての最低音である「ド」ぐらい)に来ると「ずいぶん高いところにきたなあ」という印象さえ感じてしまう。「低圧的低衆波」とでもいえようか。とあるマンガに使われたことがある造語がこの演奏を表現するのに適している。

 もっとも、聞こえてくるのは低音だけではない。たとえば0:50あたりからを聴いていただきたい。高い音が鳴っているのに気がついたと思う。複数の声が重なることによって生じる豊かな倍音。ソロになってもはっきりと聞きとれる。女声とはまた違う、ゾクゾクするような高音。この世界に女声を加えることは決してできない。入れるとこの倍音は失われ、あるいは変質してしまうのだ。男だけで行うメリットをこれ以上に教えてくれる録音はそうそうない。

   *  *  *

 先ほども書いたが、この後、多くの男声合唱を紹介していく。この後紹介する曲のすべてを皆さんに聴いてほしいのだが、もちろんそれを強制はできない。でも、今回紹介したチベットの僧侶の演奏だけは、ぜひとも聴いていただきたいのだ。男声合唱の世界を味わうにあたって、このCDに触れないのはもったいない。辟易する方も少なくないだろうが、そうした人には、男声合唱を十二分に聴き込んだ後で、もう1度この録音に戻ってきてほしい。
04 11
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド101(無伴奏編)その2

  ◆長いまえがき◆

 クラシック音楽は合唱より始まった。すこぶる大ざっぱにクラシックの歴史を1000年とした場合、前半の500年は合唱が常にクラシック音楽の玉座を占めていた時代だといえるであろう。とすれば、後半は次のようにいえる。オーケストラやオペラ、ピアノ曲などの「新しい音楽」が登場し、それらによって合唱は玉座から追放されたのだと。

 後半の5世紀は、一般的なクラシック音楽では、ルネサンス、バロック、古典派、ロマン派、近代、現代といったように区分される。合唱は、ルネサンス音楽の頃までは明らかにクラシック音楽の中心にいた。バロックから古典派の時代に、管弦楽やオペラ、鍵盤音楽が台頭し、そして、重要な地位を占めるようになった。しかしながら、合唱は依然として重要なジャンルであった。

 そして現在。クラシック音楽といえば、先ほど挙げた3つのジャンルのどれかを思い出す方が多いであろう。合唱はかつての地位を失った。クラシック音楽の中に新しいジャンルが増えて、合唱がワン・オブ・ゼムになったからだ、という解釈では、管弦楽が支配的地位を占めるようになった理由を説明できないであろう。読者の中には「オペラもかつての輝きを失った」と思う人もいるだろう。たしかにそうだ。では、なぜ、あんなにオペラのガイドブックが出版されているのだろう。
04 11
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド101(無伴奏編)――チベットから××××まで――

歌う人のためではなく、聴く人のための
男声合唱ガイド101(無伴奏編)
――チベットから××××まで――


   ◆簡単なまえがき◆

 なぜ、合唱の分野には聴き手のためのガイドブックがないのだろうか――。

 このような疑問から生まれ、これに答えるために自力でガイドを作ることにしました。皆さんが合唱曲というジャンルに接する時に少しでもお役に立てば幸いです。
 今回は、合唱音楽の中でも男声合唱をとりあげました。さらにその中から主として無伴奏のものを集めております(伴奏付きの作品は後日扱います)。
 全体を3章に分けました。第1章では世界各地の民族音楽および宗教音楽を扱います。第2章は作曲家別の男声合唱曲。シューベルトやリスト、シベリウスといった有名な人物から、知る人ぞ知る……というか男声合唱団にウン十年所属している人も知らないかもしれない作曲家まで。第3章は編曲作品です。「歌う人のためではなく、聴く人のための」と謳っているとおり、聴き手の観点から選択しました。
 なお、皆さんの参考になればという考えから、星印にて評価をつけております。★★★、★★、★の順番に高評価となっています。

 では。男声合唱の世界にようこそ。

 ……このような短いまえがきではもの足りない方のために、くどいバージョンを用意しました。別のページからご覧下さい。

第1章
1.チベット仏教
2.グレゴリオ聖歌
3.東大寺のお水取り
4.声明とグレゴリオ聖歌
5.バリ島のケチャ
6.江戸の木遣り
7.グルジアの男声合唱
8.コルシカの男声合唱
9.ロシアの宗教音楽1
10.ロシアの宗教音楽2
11.マサイ族の男声合唱
プロフィール

scaffale

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。