HOME   >>  2013年05月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 13
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド<番外編> なぜ、男だけで歌うのか

 ここまで4回にわたって、男声合唱による仏教音楽とキリスト教音楽をとりあげた。聲明もグレゴリオ聖歌も、原則的に男のみによって演奏されてきた。彼らはどうして、女と一緒に歌わなかったのだろうか。

 答えは簡単だ。女とともに活動することを彼らが拒んだのだ。なぜ拒むのか? 今回はこのことに少しだけ触れておきたい。

   *  *  *

  教会では、妻たちは黙っていなさい。彼らは語ることを許されて
  いません。律法も言うように、服従しなさい。
                  コリント人への手紙第1 第14章34
                          ※傍線部は引用者。
   (新改訳聖書刊行会訳『新改訳 新訳聖書』日本聖書刊行会)


 教会音楽への女性の参加は、長らくの間認められていなかった。下線部は、左記のことを書く際にしばしば引用されるようである(1)。しかしながら、次のような疑問がわく方もいるだろう。「『妻たちは黙っていなさい』と聖書にあるけど、未婚の女はどうなの? 別に黙っている必要はないんだよね」
(1)皆川達夫『改訂版 合唱音楽の歴史』(全音楽譜出版社)p. 17や、ロバート・ステファン・ハイネス『合唱曲の作曲』(グリーンウッド)p. 140〔Robert Stephan Hines, Choral Composition, Greenwood Press〕。なお、第14章35には「もし何かを学びたければ、家で自分の夫に尋ねなさい」とあるので、「妻たち」を女一般に解釈することはできない。

 確かにそうなのだ。しかし、下線部を支持する者は、教会音楽から女全体を締め出したかったようだ。女であれば自然に出せる高音を、彼らは、声変わり前の少年に行わせた。または裏声を使って。あるいは男を去勢させてまでも。なぜ、そこまでして女を入れたくなかったのだろう。

 ソフィー・ドリンカー『音楽と女性の歴史』(水垣玲子訳、學藝書林)は、そのような疑問を持った者がまず手にすべき好著だ。歴史以前の時代において、あるいは文明の初期において、女は男よりも音楽の環境に恵まれていた。音楽はもっぱら女によって支えられていた。しかしながらやがて、音楽に男が進出し、女が担っていた役割を奪う。そして女を追放してしまうのだ。

 キリスト教が誕生してしばらくの間は、女声合唱が活発に行われていたようだ。女だけではない。男と女による混声合唱も行われていた。しかしながら、ある時期から男が女を追放しはじめた。というよりも、キリスト教が生まれる以前から存在していた、女性蔑視の思想がいつしかキリスト教全体の中で優勢を占めるようになっていったと表した方がよいだろう。教会音楽から女がまったくいなくなることはなかったけれども、彼女らは修道院の中に閉じ込められ、以後、教会音楽の中心は男たちが握ることになる。

 女と歌うなんてとんでもないと彼らは考えた。彼らにとって、女は「寄ってきては困る存在」なのだ。そのように考えた理由を本格的に考証すると、本が1冊できてしまうだろう。なので簡単に。1つだけ書く。性欲だ。ここまでキリスト教について書いてきたけれども、人間の性欲は普遍的に存在するわけで、仏教についても同じことが言えるに違いない。

 仏教と性についての著書は、愛川純子・田中圭一『セクシィ仏教』(メディアファクトリー)が断然面白い。禁欲を善としているはずの僧侶が、あんなことやこんなことをしてまで性欲の処理に頭を抱えている(今「あんなこと」や「こんなこと」を考えた人たち! その中の10人に9人ぐらいは「僧侶の発想にはかなわんわー(;´д`)」と打ちのめされるか、呆れ果てることだろう)。

 性をどのように遠ざけるかについては、僧侶にとっても、牧師や修道士にとっても重要なことだ。酒や肉であれば遠ざけるのは比較的簡単である。それらは動かないからだ。女は動く。ありがたいお言葉を聞きに男に近づいてくるのだ。「ひっ! 近寄るな! 近寄るなと言っておろう!」こんなことを思っていたかどうかはわかりませんが、女を厄介な存在だとして、飲食物以上に蔑視していたとしても不思議ではない。彼らが女を排除する方法は2つだ。自分たちが特定の場所に閉じこもり女の侵入を防ぐ。もう1つは、女を閉じ込める。2つめが行えるのは、禁欲を重視する者が、社会の中で大きな力を発揮できるようになった時である。

  女に対して男自身の衝動を抑圧しなければならないために、女は
  抑圧されるべき存在となったのである。
                 ソフィー・ドリンカー『音楽と女性の歴史』


   *  *  *
 
 引用でバシッと(?)終わらせようと思ったけれども、一言補足しておく。今回のテーマを、男声合唱団一般に当てはめないでいただきたい。現代の男声合唱団員は、別の理由で女と分かれて歌っているのだから。
スポンサーサイト
05 02
2013

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド4 聲明とグレゴリオ聖歌

ムジカ・サクラ――仏教の聲明とグレゴリオ聖歌

Musica Sacra-Buddhist Shomyo & Gregorian Chants
Musica Sacra-Buddhist Shomyo & Gregorian Chants
ダヴィッド・エベン指揮 スコラ・グレゴリアナ・プラゲンシス
斎川文泰指揮 魚山流天台聲明研究會

 グレゴリオ聖歌と日本の聲明には、いくつかの共通点がある。第一に、基本的に単旋律であること。第二に、どちらにも楽譜(記譜法)があること。グレゴリオ聖歌にはネウマ譜があり、聲明には博士(はかせ)がある。前者は今日の五線譜につながった。

 第三は、どちらも古い歴史を持ちながら、近年まで注目されてこなかったということだ。グレゴリオ聖歌も聲明も、もともと、演奏会で披露するために作られたわけではない。これらの担い手は人々を注目させる必要はなかった。彼らがやることの良さに気がつき、広めようとするのは他者である。

 まず、グレゴリオ聖歌が近年注目されるようになったという、ひとつの証左を示そう。CiNii Booksで「グレゴリオ聖歌」を含む書籍を検索した結果を下に挙げる。1990年代から、グレゴリオ聖歌を扱う本が大幅に増えたことがわかる。

・グレゴリアン音樂學會編『グレゴリオ聖歌教本』(グレゴリアン音樂學會、1940-42年)
・カール・パリシュ、ジョン・オール(服部幸三訳)『音楽史――グレゴリオ聖歌からバッハまで』(音楽之友社、1958年)
・水嶋良雄『グレゴリオ聖歌』(音楽之友社、1966年)
・E.カルディーヌ(水嶋良雄訳)『グレゴリオ聖歌セミオロジー――古楽譜記号解読解釈』(音楽之友社、1979年)
・新垣壬敏編『グレゴリオ聖歌と日本の典礼聖歌――キリスト教音楽譜例集 同声二部三部』(ヨルダン社、1979年)
・長谷川冴子『少年少女合唱曲集――グレゴリオ聖歌から日本の歌まで』(ドレミ楽譜出版社、1981年)
・美山良夫、茂木博編著『音楽史の名曲――グレゴリオ聖歌から前古典派まで』(春秋社、1981年)
・テ・ラローシュ(岳野慶作訳)『グレゴリオ聖歌の歌い方――ソレム楽派による』(音楽之友社、1990年)
・『聴く音楽史――グレゴリオ聖歌から武満徹まで必聴CD155曲』(音楽之友社、1995年)
・キャサリン・ル・メ(左近司彩子訳)『癒しとしてのグレゴリオ聖歌』(柏書房、1995年)
・岳野慶作著、宮武誠一編『グレゴリオ聖歌のこころ――その霊性の探究』(創風社出版、1996年)
・鈴木孝寿『スペイン・ロマネスクの道――グレゴリオ聖歌の世界』(筑摩書房、1997年)
・水嶋良雄編『Cantus gregorianus = グレゴリオ聖歌集』(エリザベト音楽大学宗教音楽科グレゴリアン研究室、1997年)
・金澤正剛『中世音楽の精神史――グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ』(講談社、1998年)
・ジャン・ド・ヴァロワ(水嶋良雄訳)『グレゴリオ聖歌』(白水社、1999年)
・田村和紀夫『名曲が語る音楽史――アナリーゼで解き明かす グレゴリオ聖歌からボブ・ディランまで』(音楽之友社、2000年)
・久保田慶一『はじめての音楽分析――グレゴリオ聖歌から新ウィーン楽派まで』(音楽之友社、2001年)
・E.カルディーヌ(水嶋良雄・高橋正道訳)『現代聖歌学に基づくグレゴリオ聖歌の歌唱法』(音楽之友社、2002年)
・十枝正子編著『グレゴリオ聖歌選集』(サンパウロ、2004年)
・リチャード・L.クロッカー(吉川文訳)『グレゴリオ聖歌の世界』(音楽之友社、2006年)
・田村和紀夫『新 名曲が語る音楽史――アナリーゼで解き明かす グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで』(音楽之友社、2008年)
・ドム・ダニエル・ソルニエ(渡辺宏子訳)『グレゴリオ聖歌入門』(サンパウロ、2008年)

 聲明の普及にあたっては、演出家であり、国立劇場の演出室長をかつて務めていた、木戸敏郎を抜きにして語ることはできない。彼は聲明という言葉を、それまで使われていた概念とは異なる意味で用いた(1)。寺院でしか行われなかった儀式を「音楽」として、コンサート会場の上で提出した。そのことのインパクトはかなり大きかったようだ。

(1)木戸敏郎「『聲明』以後――博士(ノーテイション)の解読と声(リアリゼイション)の解釈」(『比較文化論叢 札幌大学文化学部紀要』6号)

 多くの人が「いい音楽」だと言うようになると、誰かが「この魅力を日本だけに広めておくことはもったいない。海外にも紹介しようじゃないか」と言うようになる。「そうだ、そうだ」となる人が数人、数十人どころではなくなった時に、海外公演が行われる。そうしてある時、誰かがこう言う。

「そういえばさあ、グレゴリオ聖歌と聲明って似てね?」
「そうだよね」
「似てるんだから、一緒にやれば面白いんじゃね? せっかくだからさ、本場の人を日本に連れてこようよ。それか、お坊さんにあっちの教会で歌ってもらうとか……どうよ?」
「そうだなー、お坊さんがコンサート会場で歌うのはもう何遍もやってきたし、外国の教会で歌ってもらう方がより面白そうだな」


 グレゴリオ聖歌と聲明。両方をともに愛する人は、日本にどのくらいいるかは分からない。一方が好きな人、両者が好きな人の数を比較したとしたら、後者は間違いなく少数派だ。グレゴリオ聖歌を広めた人と、聲明を広めた人。彼らが普及対象としていた層は明らかに違っていたであろう。それらの層の中に、2つの音楽の素晴らしさに目覚めた人がいたのだ。

 「似てね?」という言葉から、「一緒にやれば面白いんじゃね?」という言葉へつなげられる人間は北半球に何人いるか分からない。演奏会を開くには大きな力がいる。ましてや、今回のコンサートは日本人だけで開けるわけではない。聖歌隊を日本に呼ぶにせよ、自分たちがあちらへ行くにせよ、かなりのお金とエネルギーがいる。思いつきだけでできることではない。上の二人が実現に向けて動くとすれば、どれだけ多くの人を説得させなければならないのだろうか。国も言葉も宗教も違う人たちを、「オー、それは実にマーヴェラス!」と言わせるだけの力……。あった。まあ、上の二人の話は架空ではあるけれども、そういう行動力を持つ熱心な人たちがいたおかげで、聲明とグレゴリオ聖歌を一緒にやるコンサートが何回か行われてきたわけである。

 さて、前置きが長くなって申し訳ございませんでした。2008年6月8日に、ドイツのマウルブロン修道院で行われたコンサートのライブ録音である。輸入盤なので、曲目は当然アルファベットで書かれている。ここでは日本語にしたものを掲載する。

1.諸聖人の連祷
2.護身法(ごしんぼう)
3.大懺悔(おいさんげ)
4.聖霊来たりたまえ
5.諸天漢語讃(かんごのさん)
6.アレルヤ、大いなる主
7.総礼伽陀(そうらいかだ)
  詩篇51 主よ、我をあわれみたまえ
8.預言者エレミアの祈り
9.アンティフォナ「他の者は立ち上がり」
  諸天漢語讃
10.おお、輝かしき乙女よ
11.九條錫杖(くじょうしゃくじょう)
12.昇階唱「正しき者は棕櫚(しゅろ)のように栄え」
13.阿弥陀経(あみだきょう)
  キリエIV
14.神力品(じんりきほん)
  歌「栄光の乙女よ」
15.吉慶梵語讃(ききょうぼんごのさん)
16.コラール

 例によって、それぞれの歌の詳細については立ち入らない。7曲目のように、聲明にグレゴリオ聖歌が割り込んだりするもの、9曲目のように、その逆のことが起きるものがある。2つの音楽をともに愛する者は、「お互いがそれぞれの領分を担当するだけではつまらない」と考えたに違いない。「せっかくだからコラボしようよ! その方が面白いよ!」と働きかけた。それに対し、仏教の人間もキリスト教の人間も「いいね!」ボタンを押したのだ。

 人は、その結果を、「宗教の違いを超えて」という言葉に代表されるような感動として受けとるものなのかもしれない。私は思うのだ。企画者は、そのような美辞麗句を感じてもらいたいがために作ったのではないのだと。彼が強く抱いていたのは「良いもの、面白いものをみんなに届けたい」という熱意であると。合唱曲紹介計画を立てた私も、彼に負けないようにしたい。
プロフィール

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。