HOME   >>  2020年01月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 01
2020

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための 男声合唱ガイド101(無伴奏編) ――チベットから不気味社まで―― 目次

簡単なまえがき
長いまえがき

  第1章
1.チベット仏教
2.グレゴリオ聖歌
3.東大寺のお水取り
4.声明とグレゴリオ聖歌
<番外編> なぜ、男だけで歌うのか
5.バリ島のケチャ
6.江戸の木遣り
7.グルジアの男声合唱
8.コルシカの男声合唱
<番外編> 合唱指揮者の発言
9.ロシアの宗教音楽1
10.ロシアの宗教音楽2
11.マサイ族の男声合唱

  第2章
12.カッシア《聖水曜日のための讃詞》
13.レオナン《地上のすべての国々は》
14.ペロタン《主を讃美しよう》
15.ペロタン《アレルヤ、処女マリアの誕生》
16.ペロタン《支配者らは集まりて》
17.ボシュ《若い頃、ブリュッセルにて》
18.マショー《不可思議の蛇フィトン》
19.ソラージュ《煙を燻べる者》
20.ソラージュ《ベリー公の気高き行いがなかったら》
21.シャンティー写本《さようなら》
22.デュファイ《美しい人よ、私をあなたの召使いに》
23.バンショワ《唯一の崇高な悩み》
24.オケゲム《ミサ・カプト》
25.ジョスカン・デ・プレ《わが子、アブサロン》
26.ジャコタン《主を畏れたるすべての者は幸いなり》
27.コーニッシュ2世《おーい、陽気なラッターキン》
28.エンシーナ《あちこちに知らせて》
29.ジャヌカン《鳥の歌》
30.ジャヌカン《マリニャンの戦い》
31.コルテッチア《ヨハネ受難曲》
32.ノーラ《ガリアルダを習いたいご婦人方よ》
33.ローレ《シチリアの軽やかな旋律を運ぶあし笛》
34.A・ガブリエリ《誰がソルフェージュを》
35.クローチェ《エコー》
36.ロッシ《バビロンの流れのほとりで》
37.ローズ《月夜の今晩、酒を飲み》
38.パーセル《三たびもジュリアを誘いたれど》
39.パーセル《サー・ウォルターは娘とお楽しみ》
40.パーセル《にやけ男は疫病になれ》
41.ロッティ《ミゼレーレ》
42.アーン《合唱クラブ》
43.ボルトニャンスキー《ヘルヴィムの歌第7番》
44.シューベルト《精霊の踊り D.494》
45.シューベルト《ワインと愛 D. 901》
46.メンデルスゾーン《トルコの酒場の歌 作品50-1》
47.シューマン《戦いの歌 作品62-3》
48.リスト《真夜中の散歩》
49.コルネリウス《老兵士 作品12-1》
50.サン=サーンス《サルタレッロ 作品74》
51.グリーグ《子供の歌 作品30-2》
52.ブリッジ《ガチョウのひな》
53.ヤナーチェク《さまよえる狂人》
54.グレチャニノフ《キエフの歌》
55.シベリウス《恋する人 作品14》
56.シベリウス《月よ、ようこそ 作品18-2》
57.ベアストー《音楽、穏やかな声が絶えるとき》
58.シェーンベルク《団結 作品35-6》
59.チェスノコフ《年老いた時も、私を見放さないでください 作品40-5》
60.バルトーク《4つの古いハンガリー民謡》
61.コダーイ《廃墟》
62.コダーイ《国民の歌》
63.ヴィラ=ロボス《ショーロス第3番 きつつき》(無伴奏合唱版)
64.トッホ《地理的フーガ》
65.マルタン《3つの合唱曲》
66.ミヨー《詩篇121 作品72》
67.オルフ《コンチェルト・ディ・ヴォーチIII ものに涙あり》
68.ヒンデミット《死》
69.プーランク《酒呑み歌》
70.プーランク《アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り》
71.トンプソン《アレルヤ》
72.ショスタコーヴィチ《忠誠 作品136》
73.ビーブル《アヴェ・マリア(アンジェラス・ドミニ)》
74.シェルシ《アンティフォナ》
75.清水脩《アイヌのウポポ》
76.ケージ《物語》
77.柴田南雄《三つの無伴奏合唱曲 作品24》
78.リゲティ《ナンセンス・マドリガル》
79.ラウタヴァーラ《ビールに寄せるセレナーデ》
80.間宮芳生《合唱のためのコンポジション第6番》
81.トルミス《司教と異教徒》
82.トルミス《嵐の海への呪文(大波の魔術)》
83.多田武彦《草野心平の詩から》
84.ペンデレツキ《主を讃美しよう》
85.ラーベ《ロンド》
86.肥後一郎《日本民謡集》
87.パーックナイネン《冬山のヨイク》
88.パターソン《タイム・ピース 作品16》
89.ポレッティ《キリエ・エレイソン》
90.J・サンドストレム《カオ・ヤイの歌う猿》
91.ヒルボリ《muoɔɑaəyiyɯɔoum(ムウヲオアヱエユイユエアオウム)》
92.木下牧子《祝福》
93.マンテュヤルヴィ《シュード・ヨイク》
94.ウィテカー《ルクス・アルムク》

  第3章
95.シー・シャンティ《酔いどれの船乗り》
96.ロシアの歌から《12人の盗賊》
97.M・ウィルソン《76本のトロンボーン》
98.バック・ラム&アンディ・ランド《オンリー・ユー》
99.伊福部昭《SF交響ファンタジー第1番》
100.レノン=マッカートニー《ペニー・レイン》
101.槇原敬之《世界に一つだけの花》
スポンサーサイト
プロフィール

scaffale

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。