HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト詩一覧  >>  吉原幸子『幼年連祷』
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11 18
2011

詩一覧

吉原幸子『幼年連祷』

前回の記事を書いて1年半以上放置して申し訳ございませんでした。

何年か前から、サイトの作成作業のかたわら、自分の検索用に、「日本詩人愛唱歌集」で扱う詩人の作品リストを作成しております。一部は「詩一覧」というページで公開しています(たとえば、「萩原朔太郎 詩一覧」)。ただし、「詩一覧」で公開している内容については、訪問者向けに作成した簡単なデータ(詩集に収録されている詩のタイトル、一部の詩人や詩についてテキストの冒頭部を示しているだけ)であり、それとは別に、自分向けに作成している「もっと詳細なデータ」というのが存在します。2種類のデータを作成するのは相当時間がかかる作業で、今も全詩人のデータができあがっていません。

今回は、作成中の「詩一覧」を詩集ごとにアップすることにしました。第1弾は吉原幸子の処女詩集『幼年連禱』*(1964年)より。()内は、詩の冒頭部。
*『幼年連祷』 最後の文字が表示されない人向け。

   けものたち
くらい森

無題《ナンセンス》

不眠
野宴
蠅とりびんに

仔犬の墓


   幼年連祷・一
I 花
II 人さらひ
III 罪
IV 夢遊病
V 赤い夜店
VI こひびとよ
VII 挽歌

   幼年連祷・二
I 喪失
II 病院
III 絵本
IV 植木市
V もらった記憶
VI とんぼ
VII 怠け者のうた
VIII 虐殺
IX 熱
X 夢
XI 生きものの夏
XII 憧れ
XIII 信号機

   幼年連祷・三
I 喪失ではなく
II 朝
III 道路
IV おとぎ話
V じゃんけん
VI かくれんぼ
VII 呪ひ
VIII 吊し柿
IX 空襲
X 疎開の秋
XI 初恋

   幼年連祷・四
I あたらしいいのちに
II Jに(空を仰ぎ)
III Jに(おまへの瞳に)
IV Jに(にぎりこぶしを)
V Jに(おうちなんていふ)
VI Jに(めざめた時)
VII Jに(タオルをけとばし)
VIII Jに(身をのり出して)
IX Jに(ぼくは セロリをかむ)
X Jに(おまへの指のつけ根に)
XI Jに(また 嵐がきて)
XII Jに(鼻のあたまに)
XIII Jに(おまへの生れた)

   かなしいおとなのうた
忘れた
日常
子に
蜃気楼
ひとで

夜明けに

過去との会話
おまへが だんだん……
彼の一日
通勤
墓碑銘
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

scaffale

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。