HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト男声合唱  >>  歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド8 コルシカの男声合唱
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 24
2014

男声合唱

歌う人のためではなく、聴く人のための男声合唱ガイド8 コルシカの男声合唱

ア・クンパーニャ - イン・パディエッラ
★★

In Paghjella
In Paghjella

MP3バージョン

 前回とりあげたグルジアと、今回あつかうコルシカ島にはいくつかの類似点がある。前者が陸の要所であるとすれば、後者は海の要所であり、歴史上幾たびもの戦乱が繰り返されてきた。コルシカ島の支配者も何度か交代している(現在はフランス領)。政治の分野では、周知の通り、グルジアはスターリンの、コルシカ島はナポレオンの生誕地である。彼らが、世界史に残る英雄、あるいは独裁者として賞賛、批判されてきたこともよく知られている。言語の面でも注目すべきだろう。グルジア人はグルジア語、コルシカ人はコルシカ語という独自の言語を持っている。

 音楽の面で重要なのは、男声合唱によるポリフォニーが栄えたという共通点を持っていることである。そして、両者の音楽は長年にわたって伝承され、実にユニークなものだとみなされるようになった。

 グルジアとコルシカの相違点を挙げよう。一つは、キリスト教の受容である。グルジアにおいては、早くから受け入れられた。現在のグルジア東部を支配したイベリア王国がキリスト教を国教化したのは337年。ローマ帝国が認めるようになったのが392年であるから、それに比べるとかなり早い。讃美歌が作られたのも古くにさかのぼる。

 一方のコルシカでは、キリスト教の中心地であるローマに近いにも関わらず、なかなか浸透しなかった。ローマ帝国の東西分裂による国力の衰退、また、島へのゲルマン人やイスラム勢力の襲来により、「布教したいんだけれどもねえ……」みたいな状態が数百年ものにわたって継続した。島国共通の閉鎖性ということもあるだろう。コルシカ島では独自の国が発達することはなく、したがって彼らは自分たちを守るための武力に乏しかった。そんな状況で外からの攻撃に絶えず晒されていたわけだから、彼らは逃げる他ない。島を脱出するか、島の内部(山間部)にこもるか。彼らは後者を選んだ。そうすると、ますます外界との交流は少なくなってしまう。

 こうして、コルシカ島の治安が良くなった後も、伝道師にとっては仕事がやりにくい地域となってしまった。彼の地道な努力によってキリスト教は徐々に島民に受け入れられはするのだが、その障壁となった強い閉鎖性が島の文化を独特なものにしていった。

 グルジアとのもう一つの違いは、伝統音楽を危機に追い込んだ原因であろう。先にも書いたが、グルジアでは歴史上、さまざまな文化圏の国によって攻撃され支配された。音楽への弾圧も二度や三度ではなかった。そんな中で伝統が長年にわたって維持されている理由として、民族意識の高まりにあるものと推測した。

 コルシカ島もいく度かの戦乱は経てきたが、イスラム圏の影響から脱出した11世紀以降は基本的にキリスト教国どうしの激突であった。音楽が弾圧される危険性はグルジアほどにはなかったということになる。コルシカの音楽にとっての危機は、戦争や政治というよりも、むしろ第二次世界大戦後の急速な経済発展、あるいは都市化であった。若者の間に、仕事や教育、ライフスタイルなどさまざまな理由から、フランス本土、特にパリへ行きたいという憧れが強くなっていき、結果、島を離れる者が増えていく。島民の日常会話もコルシカ語からフランス語へと変わっていった。それにともない、コルシカ語で歌われる伝統音楽は消滅の危機に陥った。

 日本でもそうであったように、中央への集中が地方の衰退を招く。それを堰き止める力となったのは、「地方を見直そうじゃないか」とか、「地元のことは地元でやろう」といった動きである。コルシカの場合、1970年代の後半から80年代にかけて激烈な政治闘争にまで至った。その中で伝統音楽の再評価が行われるようになり、コルシカ語を歌うグループや歌手が多数現れるようになった。かつて、コルシカ島の地域主義と対立したフランス政府も、現在は島の文化を保護するようになっているという。

   *  *  *

 コルシカ島の歌にはさまざまなジャンルがあるが、その1つであるパディエッラは、2009年になってユネスコの無形文化遺産に登録された。パディエッラは、一言でいえば即興詩吟ということになる。ただ、そこから生まれ、長年伝承されてきた歌に対してもこの呼び名が与えられるようだ。とはいっても、やはり音楽を作りあげるにあたっては、即興で行わないといけないところが大きいようで、習得は簡単ではないらしい。基本は3声で、真ん中の声が詩を歌い上げ、それに低音と高音が次々に加わるといったぐあいである。

 コルシカの男声グループはいくつかあるが、今回は、1978年に結成された「ア・クンパーニャ」のCDを選ぶことにした。MP3アルバム版で試聴が可能である。ぜひ5曲目(So' centu voce di l'esse)を聴いてほしい。超低音が頭からしばらく離れなくなる。この、ロシアを思わせるような音は、コルシカの歌の主流にはないかもしれないが、これを聴くだけでも価値があるCDだ。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

Author:scaffale
「日本詩人愛唱歌集」「校歌の花束」の管理人

最新トラックバック
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。